👨‍🏫やさしい日本語講座(災害時編)✍️

令和2年11月28日(土)、加古川市青少年女性センター大会議室で「やさしい日本語講座(災害時編)を開催しました。
京都工芸繊維大学名誉教授の水野義道先生を講師にお迎えし、~災害時における外国人のための「やさしい日本語」について~と題してご講義いただきました。25名の方が参加され、2時間にわたり、災害時に外国人にわかりやすい日本語で伝えるための方法を学びました。
講義の後は、実際にやさしい日本語に訳すグループワークを行いました。普段外国人に日本語を教えているボランティアの方々や、消防職員、防災センター職員、企業で外国人と共に働いている方など、様々な背景の方々が参加されており、活発な意見交換が行われていました。2名の外国人も参加してくれており、どのように言えば伝わりやすいかなど一緒に考えてくれました。今後ますます増えることが予想される自然災害に備え、これからもこうした研修を通して外国人支援に繋げていきたいと考えています。
水野先生、ご参加いただいたみなさん、どうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six − two =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。