中国・桂林市

 桂林市は中華人民共和国南部の広西壮族自治区北東部に位置し、珠江支流の漓江沿岸に開けた都市。秋になると町中にキンモクセイ(桂花)が咲き乱れることから、この名が付けられたと言われています。典型的な亜熱帯気候に属し、山水画に出てくるような奇峰の数々は、中国屈指の景勝地として世界中から観光客を集めています。
 加古川市とは、桂林市第二人民医院と加古川西市民病院との間で、医師の相互派遣研修や医療技術の交換など、医学を中心とした交流が続けられています。

都市名 桂林市
国名 中国
姉妹都市締結 1988年
市制施行 1998年(近隣の地域を合併)
人口 約495万人
市域面積 約27809k㎡
主要な産業 観光、綿紡績
所在地

象鼻山

漓江下り

このエントリーをはてなブックマークに追加