加古川市の青年がラオスで柔道の指導(JICA)

 加古川市在住の瀧本庸平さんが国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊として、10月から約2年間ラオスに派遣されます。派遣前に瀧本さんが加古川市役所にて、岡田市長に抱負を語りました。

 瀧本さんは小学校1年生で柔道を始め、大阪体育大学で100キロ級の選手として活躍し、卒業後は海外での指導に興味を持たれていました。

 ラオスの柔道人口は250人と少なく、競技レベルの向上には、柔道人口の増加に加え、対外試合の経験を積むことが必要です。瀧本さんはラオス柔道連盟に配属され、ナショナルチームの指導や競技人口の拡大、国内大会の企画・運営等の活動をされる予定です。

 瀧本さんは、岡田市長に「ナショナルチームのコーチとして、東京オリンピックに選手を出場させたい」と語りました。

 加古川市から、青年海外協力隊として派遣された方は現在61名(平成30年7月31日)おられ、そのうち5名の協力隊員が現在各国で活動されています。

瀧本さん(写真左)と岡田市長(写真右)

瀧本さん(写真左)と岡田市長(写真右)

ラオスはどんな国?

面積:24平方キロメートル

人口:約649万人

首都:ビエンチャン

民族:ラオ族(全人口の半数以上)を含む計49民族

言語:ラオス語

宗教:仏教

主要産業:サービス業、農業、工業

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年9月29日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : kakogawa-kia