日本語教育ボランティア養成講座(初級Ⅰ)を実施しました

1月11日から3月7日までの全9回の講義で、日本語教育ボランティア養成講座(初級Ⅰ)を実施しました。

今回は31名の方が参加されました。

この講座では、外国人に日本語を使って日本語を教える方法を学びます。

例年1月~3月ごろに実施しており、経験豊富な講師による実践的な講座で、例年定員を上回る応募があります。

 講座では、初級レベルの日本語学習者がよく使用する「みんなの日本語」という教材を使い、5回の実習を通して、みなさん実践的な指導方法を学びました。

最終回には、外国人にご協力いただき、参加者はグループごとに、今までに習ってこられた内容を生かして実際に外国人に指導をする予定でしたが新型コロナウイルス感染拡大防止のため、残念ながら中止に。代わりに講師から大切なポイントの総まとめを聞きました。

参加者のみなさんは「講師の説明が非常に的確でわかりやすかった」「最初は講座時間が長いことが心配だったが、実際に受講するとあっというまで、楽しかった」などと話されました。また、本講座の受講生の多くの方が日本語指導ボランティアとして活動を開始されました。

本当にありがとうございます!

 

※加古川市では、現在約2900人の外国人が生活し、特にベトナム人技能実習生は、ここ数年で大幅に増加しています。

また、仕事や家族滞在など、理由は様々ですが、ミャンマーや中国、ブラジルなどの外国人も日本語の学習を希望されています。

ぜひ、あなたも日本語指導ボランティアとして活動しませんか?(本講座の受講は必須ではありません。)

 

やさしい日本語講座(初級編)・(実践編)を実施しました

2月16日にやさしい日本語講座(初級編)を実施しました。

34名の方が参加し、やさしい日本語とは何かの基礎的なことを学びました。

はじめに、やさしい日本語について講師からの説明があり、その後外国人に伝わりにくい言葉を「やさしい日本語」に変えるグループワークを行いました。

講座の最後には実際に外国人学習者にやさしい日本語を伝える実践も行いました。

 

2月23日にやさしい日本語(実践編)を実施しました。

37名の方が参加し、やさしい日本語の実践的な使い方について学びました。

講師からやさしい日本語のはじまりから進展までの説明があった後、市からの行政情報やマンションでのごみの捨て方などの生活情報といった様々な場面を想定して、日本語をどのように伝えるのが外国人住民にとって理解しやすく、効果的であるかをグループで話し合いました。

 

✈️第28回 加古川市障がい者海外派遣事業part4🌈

✈️第28回 加古川市障がい者海外派遣事業part4🌈

2/12、午後から派遣団はオークランド市役所を表敬訪問しました。
歴史あるタウンホールは厳かな雰囲気で、少し緊張した様子の派遣生達。
ここでも市議会議員のポール・ヤングさんや国際交流担当の方々が温かく迎えてくださり、テーマソング、パプリカも元気いっぱい披露できました⭐️
大役を終えた派遣生達はほっとした表情でタウンホールを後にしました。
この日は午前中に乗馬体験もあり、派遣生達は充実した時間を過ごせました😊

✈️第28回 加古川市障がい者海外派遣事業 part3🌈

✈️第28回 加古川市障がい者海外派遣事業 part3🌈

2/11、いよいよ事業も後半に差しかかり、今日はオークランド市にある、オークリンスペシャルスクールを訪問し、同年代の生徒達と交流しました❣️
毎年、派遣団を温かく迎えてくださるみなさん。今年も、3つのクラスに分かれ、ダンスやレゴ、絵を描くなどの授業を体験しました。
英語が飛び交う環境に、刺激を受けて積極的に話しかける派遣生もいれば、緊張気味の派遣生もいましたが、一緒に授業を受けるうちに皆だんだんと打ち解けた表情に。最後は笑顔で写真を撮って、また会おうね!と握手して別れました。
午後は、障がい者支援施設サポーテッドライフの皆さんと、屋外でバーベキューを楽しみました。
ここでもクリケットやアートを通じて交流し、派遣生達は快晴の青空の下、元気に楽しい時間を過ごしました😊☀️

 

✈️第28回 加古川市障がい者海外派遣事業 part2🌈

✈️第28回 加古川市障がい者海外派遣事業 part2🌈

2/9、派遣団は、オークランド市に入りました。
11日からの交流事業に向けて、10日にはオークランド博物館で、ニュージーランドの歴史や文化について学びました。迫力あるマオリショーも見学し、多様な文化が息づくニュージーランドについて知ることができました🇳🇿
それぞれに今日の思い出を絵日記に記した後、みんなで南十字星を見に行きました⭐️
マオリの人達も航海の時に距離や方角を測るのに見ていた南十字星。日本では見られないこの星を見ることができて、大満足の派遣生達でした。

✈️第28回 加古川市障がい者海外派遣事業🌈

✈️第28回 加古川市障がい者海外派遣事業🌈

2/7、今年も障がい者海外派遣団が姉妹都市オークランド 市のあるニュージーランドに向けて旅立ちました!
2/2の壮行会では、加古川市国際交流協会理事長でもある加古川市長はじめ、加古川市議会副議長(議長代理)、教育長、国際ソロプチミスト加古川会長など、たくさんの方々に激励いただき、緊張していた様子の派遣生達も、出発式では期待でいっぱいの表情に。
2/8、無事にオークランド 国際空港に到着しました!
これから7日間、加古川市とオークランド市との友好交流を深め、たくさんの経験をしてきます!]

 

日本語教育ボランティア養成講座(中級)を行いました

1月19日から2月2日までの3回講義で日本語教育ボランティア養成講座(中級)を行いました。

32名の方が受講し、外国人学習者にとってわかりやすい日本語指導の中級レベルを学びました。

受講者からは、話す際にたくさん例を出すことの大切さを知ることができた。自分が話をして教えるばかりではなく、外国人学習者の話を引きですことが重要であると学ぶことだできた。など、様々な成長を実感する声がきかれました。

マリンガ市青年海外派遣団の受け入れをしました

 加古川市の姉妹都市であるブラジル連邦共和国パラナ州マリンガ市からマリンガ市青年海外派遣団が加古川市を訪問されました。

 1月18日~22日までの期間で8名の青年と楠木副団長、マリンガ市国際交流協会会長の植田氏合計10名が加古川市を訪問されました。

 18日は夜に加古川市に到着し、ホストファミリーと対面しました。

 19日は、ホストファミリーと1日過ごす日。各ホストファミリーと一緒に日本の観光名所を巡ったり、食べ歩きをしたりしました。

 20日は、表敬訪問で加古川市長らと加古川市・マリンガ市の友好交流についてお話を交わされました。その後一行は姫路に向かい、茶室でお茶の文化を体験し、姫路城を登りました。その後歓迎パーティーが開かれました。

 21日は、鶴林寺で日本の歴史を学びました。修行僧が昔どのような修行をしていたのかなどの話を詳しく聞くことができました。その後、兵庫大学を訪問し、日本の介護医療の発展に関わる最新設備を見学しました。そして、加古川市防災センターで施設見学をし、加古川市中央市民病院や子育てプラザ、将棋プラザを見学しました。

 その後、お別れのさよならパーティーにて、青年たちはファミリーとの日々を振り返り、「温かいもてなしを受け、本当に感謝している」とホストファミリーへの感謝を述べました。
また、ホストファミリーの皆さんも、「新しい家族ができたようで、別れるのが辛い。また必ず会いたい」「言葉の壁はあれど、こころは繋がっていると感じることができた」と青年たちとの4日間を振り返りました。

 22日の朝、一行は「本当に良い経験ができた。今回だけで終わらせるのではなく、末永く交流を続け、加古川市とマリンガ市の更なる発展に貢献していきたい」と述べられ加古川市を後にしました。

今回ご協力いただいたホストファミリーや各施設のご関係者のみなさま、本当にありがとうございました♪

ホストファミリーと対面

加古川市役所を表敬訪問

加古川駅前のマリンガ通りにて

兵庫大学にて

新春お茶会に参加しました

1月13日に総合文化センターで開催された新春お茶会に参加しました。

おせち料理のお弁当をたべ、お茶を飲みました。その後お茶をたてる体験もさせていただきました。

また、甲冑も着せていただき、滅多に体験できない日本の文化を体験することができました。